バリ島 基本データ

正式名称 インドネシア共和国 バリ州
面積 5633k㎡で愛媛県と同じくらいの大きさ
民族 バリ人約90%。他にジャワ人、華人など
宗教 ヒンドゥー教徒約90%、イスラム教徒、キリスト教徒など。
インドネシア 国全体ではイスラム教徒が87%を占める
時差 マイナス1時間。日本は午後7時の時、バリ島は午後6時
言語 公用語はインドネシア語。 バリ人同士の会話にはバリ語が使われる。 観光地では英語が通じる。

通貨について

インドネシアルピア通貨単位はルピア(Rp)で、Rp.10,000≒90円 (2011年1月現在)。硬貨は、50、100、200、500、1,000ルピア。 紙幣は1,000、2,000、5,000、10,000、20,000、50,000、100,000ルピアがある。

最初は桁が多くて混乱するかもしれない。そういう場合は0を2つとって・・・例えばRp.50,000→ \500と考えるとわかりやすい。

地元のスーパーや食堂ではルピアしか使えないが、スパやアクティビティ、お土産店など観光スポットではルピア、ドル、日本円すべて支払い可能が所が多い。 ただし、店舗が設定した通貨以外で支払う場合、換算レートは店舗独自の設定になり、両替所で換算するよりも割高になる場合が多いので、店舗が設定している 通貨を事前に用意しておくのが良いだろう。

注意点: バリ島では古いドル札は使えない。 新札のドル紙幣を用意しよう。
【利用できない紙幣の種類】
1.年号の前にCBの文字が入っている紙幣
2.2001年以前に発行された紙幣
3.少しでも汚れている紙幣
4.書き込みやスタンプ、ホッチキスの跡が残っている紙幣

両替について

日本円からルピアへの両替は、日本の銀行、デンパサール空港、ホテル、銀行、両替所でできる。
両替レートは一般的に
町中のマネーチェンジャーや銀行 > 空港 > ホテル > 日本の銀行
という順に、徐々に悪くなる。
残念なことに、いまだに両替時にインチキするマネーチェンジャーもある。町中の両替所に限らず、空港でも、ホテルでも要注意。 お金を渡されたら必ずその場で自分で数えることが大切。周りよりレートがいい場合は、手数料を別途とられる場合もある。安心できる両替所は、セントラル・クタ銀行。支店も多く、レートも良く安全。

現地銀行: 安心で確実。町中のマネーチェンジャーよりレートは劣るが安全第一。
空港: 最小限の両替にして、町中で両替するのが良い
ホテル: レートが悪い

バリ島の気候

バリ島の気候バ リ島の気候は乾季と雨季に分けられます。 5月~10月ごろが乾季、11月~4月ごろが雨季です。 乾季はほとんど雨が降らず、湿度も低いので過ごしやすく、朝晩は上に一枚着ないと肌寒いほど涼しくなるときもあります。 雨季は西からの季節風により雨がひんぱんに降りますが、日本のように一日中降り続くということはなく、急に激しく降りだして数十分~数時間でカラリとあが ります。 ただし、降水量が非常に多いので、短いスコールでも道路に水があふれてしまうことも。 また、気温に加えて湿度も高いので、蒸し暑い日が続き蚊も増えます。

ご予約・お問合せボタン